読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石橋を創って渡る。

日々の創作日記。 このブログは、パソコン版表示を推奨します。 記事は横へと動くようになってます。

創作日記。 19

今日も模写をした。模写をしているのは、村上春樹の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」で、僕はこの小説の文体が好きだった。たまに村上春樹は文体をネタにされるけれど、模写をしてみるとどの村上作品も違いはしっかりとあった。やはり彼の文才は素晴らしい。

今日は臓器の履歴書を進めた。明日中には完成させて、〝胃〟が主人公の第一章を書き始めたい。胃の名前は「メルト」と名付けた。メルトは主人の食生活から、どんな人物なのかを日々想像する。それは狭くて薄暗い体の中で行われ、情報は限られてる。僕はしばらくメルトになり、文章を練り続ける日々が続きそうである。

 

僕の生活は仕事と小説が殆どで、最近は心を休める時間がない。仕事でも責任ある地位にいるから、頭のどこかでは常に仕事のことを考える。けれど本当にやりたいのは小説だから、それが時々脳内でけんかをはじめる。僕はどちらも大切だと知っているから、結局は脳内のけんかに決着はない。

本当にこんな生活をしていていいのか不安になる。

助けてくれる人もいないし、理解してくれる人もいない。そもそも甘えるのが苦手な僕は、助けられたとしても拒んでしまう傾向にある。

一人きりが好きなのに、結局僕は寂しがり屋なんだと思う。

明日も創作を頑張ろう。

大丈夫、自分を信じて。